ログハウス

キャンプ場紹介

鹿児島のロッジやログハウスがあるキャンプ場おすすめ4選!バンガロー・ロッジ・ログハウス・コテージの違いについて解説

こんな方におすすめのブログ記事です!

  • 鹿児島のロッジやログハウスがあるキャンプ場を探している!
  • 子どもが遊べる所で探している!
  • 静かでゆっくりできる所で探している!
  • 温泉がある所で探している!
  • 利便性が高い所で探している!

この記事では、キャンプ歴6年のznjii(ずんじぃ)が実際に行ったキャンプ場の中で、鹿児島のロッジやログハウスがあるキャンプ場を厳選して4選にまとめてみました。

鹿児島のロッジやログハウスを探している方の参考となれば幸いです。

ずんじぃ
ずんじぃ

順位付けはしていませんので、順番は気にしないでください。

アウトドア用品を買うならどっち派?

スポーツとゴルフ用品の【最短翌日配送】アルペン公式オンラインストア 派!

アウトドアとフィッシング用品の【アウトドア&スポーツ ナチュラム】派!

バンガロー・ロッジ・ログハウス・コテージの違いについて

そもそもバンガロー・ロッジ・ログハウス・コテージなどいろいろな種類や呼び方があるので、迷うことがないように違いを簡単にまとめてみました。

知っておくと宿泊予約の時に少しは役立つかもしれないのでご紹介させていただきます。

バンガロー

「バンガロー」とは、主にキャンプ場などに多く見られるテントの代わりに使用する木造の簡易な宿泊小屋のことです。

シャワーやトイレなどの設備はなく、ベッドもない場合がほとんどなので、寝袋などを持参する必要があります。

テントを持ってない方やキャンプが初心者な方も気軽にアウトドアが楽しめると思います。

また、これら以外にも「バンガロー」と同等の施設を「キャビン」や「ケビン」と呼ぶ場合や、登山者やスキーヤーの宿泊、休憩などのために作られた小屋を「ヒュッテ」と呼ぶなど、様々な呼称があります。

バンガローの魅力

  • テントの設営が必要ない!
  • 夜も快適に過ごすことができる!
  • テントと同じように大自然を満喫できる!
  • 静かに過ごせる!
  • 虫や野生動物の影響をなるべく受けずにアウトドアを楽しめる!
ロッジ

「ロッジ」とは、主に山小屋や山小屋風のホテルや旅館、山荘などを指します。バンガローよりも少しグレードが高い小屋といった感じです。

概ね「バンガロー」と「コテージ」の中間的な施設を指す場合が多いです。

バンガローと違い、電気だけでなく水道も通っている場合が多いので、簡単なキッチンやトイレが設置されており快適に過ごすことができます。

キャンプ場によって使いわけが曖昧になっており、水道がない場合もあるのでロッジを選ぶ際は、設備内容をチェックしてから借りるようにしましょう。

ロッジの魅力

  • キャンプ道具を持ち運んだりテントを設営する手間が掛からない!
  • 小さなお子様や高齢の方も安心して宿泊できる!
  • 雨など天候不良の影響も受けない!
  • 屋外やデッキでのバーベキューを楽しめる!
  • 虫や野生動物の影響をなるべく受けずにアウトドアを楽しめる!
ログハウス

「ログハウス」とは、建物の構造の一種であり丸太を使って建てられた家のことです。

基本的に木造となっており、自宅としてログハウスに住んでいる方もいらっしゃいます。

ログハウスは和製英語です。英語圏では「log home」「log cabin」と呼ばれています。

ログハウスの魅力

  • 木の香りや温かみなどを堪能できる!
  • 触り心地が柔らかい!
  • 木の特性によって夏は涼しく、冬は温かく快適な環境で過ごせる!
  • 乾燥や湿度も極端になることがないため、健康維持に良い影響を与える!
  • 虫や野生動物の影響をなるべく受けずにアウトドアを楽しめる!
コテージ

「コテージ」とは、避暑地などの特定の場所に建てられた家のことをいいます。

コテージは住むことが想定されており、家具や水回り、ガス、電気など生活に必要な設備がちゃんと揃っており、普段と変わらないような生活ができるという点が特徴的です。

自然豊かな場所に建てられていることが多い貸別荘のような宿泊施設なので、英語では「cottage(小別荘)」と言います。

コテージの魅力

  • アウトドア体験をしながら家と同等の暮らしを送ることができる!
  • 快適にプライベートを満喫できる!
  • キャンプ道具を準備したり、テントを設営する必要がない!
  • 多種多様なスタイルで、場所によって違った魅力を味わえる!
  • 露天風呂や温泉が付いている場所も多い!
  • ペット同伴で利用できる場所も多い!
  • 虫や野生動物の影響をなるべく受けずにアウトドアを楽しめる!
ずんじぃ
ずんじぃ

これらはあくまでも一般論です。明確な定義や法的なしばりなどはありません。

オーナーや宿泊施設開設者などが勝手に名称をつけていることもあるので、実際に宿泊予約を入れる際には設備の内容や口コミなどをしっかりチェックするようにしましょう。

さえずりの森キャンプ場

さえずりの森ロッジ
出典:さえずりの森

遊びどころ・見どころが盛りだくさん!

詳細はこちら!

「さえずりの森」は、清洌な流れの宇曽ノ木渓谷、夢の世界に渡れるかじかの橋、錦江湾に浮かぶ桜島の雄姿や市街が一望できる高倉展望台など見どころ満載な場所で、小鳥のさえずりを楽しみながらキャンプやバンガローなどゆっくりと過ごすことができます。

平成8年度「小鳥がさえずる森づくり運動」において、環境庁自然保護局長賞を受賞している施設であり、「小鳥のさえずり」、「かじかカエルの歌声」、「四季を通じて咲き乱れる草花」、「宇曽ノ木渓谷」などの自然に恵まれた、自然観察には最高の場所となっています。

キャンプ場名称 さえずりの森キャンプ場
所在地鹿児島県姶良市加治木町西別府3490
電話番号0995-62-6666
営業期間通年
休日毎週月曜日(7・8月は毎日営業)
チェックイン/チェックアウト16:00 / 10:00
休憩11:00 / 15:00
ロッジA
基本料金
【基本料金4名まで】
宿泊…15,400円 休憩…4,730円
【4名を超えた1名当たり】
宿泊…2,200円 休憩…550円
ロッジB
基本料金
【基本料金4名まで】
宿泊…16,500円 休憩…5,280円
【4名を超えた1名当たり】
宿泊…2,200円 休憩…550円
アクセス方法・九州自動車道・加治木ICから車で約5分
・JR日豊本線加治木駅から車で10分 
・鹿児島空港から車で10分
公式サイト姶良市/さえずりの森 (aira.lg.jp)

さえずりの森キャンプ場をおすすめする理由

  • バンガローもある!
  • 子どもが遊べる所がある!
  • 近くに温泉がある!
  • 貸出・販売品あり!
  • 利便性が高い!

かいもん山麓ふれあい公園キャンプ場

かいもん山麓ふれあい公園キャンプ場ログハウス

『薩摩富士(さつまふじ)』と称される秀麗な開聞岳の山麓!

詳細はこちら!

かいもん山麓ふれあい公園は、広大な自然環境と絶好のロケーションに恵まれた公園になっています。

お花見のシーズン中は、沿道に桜並木が広がります。

園内には、ログハウスだけでなくキャンプ場やゴーカート、ミニゴルフコースなどもあり、子供も楽しめるキャンプ場なのでファミリーキャンプにおすすめです。

キャンプ場名称かいもん山麓ふれあい公園キャンプ場
所在地鹿児島県指宿市開聞十町2626番地
電話番号0993-32-5566
営業期間通年
休日毎週火曜(祝日の場合は翌日)
※GW・夏休み・年末年始除く
チェックイン/チェックアウト16:00 / 10:00
休憩10:00 / 16:00
ログハウス
宿泊料金
《4人棟(最大6人)》和室…9,910円
《5人棟(最大6人)》和室…12,370円
《6人棟(最大7人)》洋室…14,830円
《10人棟(最大12人)》洋室…24,720円
《22人棟(最大22人)》洋室…37,090円
ログハウス
休憩料金
《4人棟(定員4人)》和室…2,250円
《5人棟(定員5人)》和室…2,820円
《6人棟(店員6人)》洋室…3,940円
《10人棟(定員10人)》洋室…6,190円
《22人棟(定員22人)》洋室…9,570円
設備冷蔵庫/水洗トイレ/テレビ
キッチン(ガスコンロ、やかん、ポット、冷蔵庫)
お風呂(ボディソープのみ設置)
バーベキュー用コンロ(網1枚、木炭用火ばさみ1本付き)
アクセス方法・JR開聞駅から徒歩20分
・JR指宿枕崎線指宿駅から鹿児島交通バスで約43分
・車で指宿スカイライン頴娃ICから約45分
公式サイトhttps://www.ibusuki.or.jp/tourism/play/kaimonpark/

かいもん山麓ふれあい公園キャンプ場をおすすめする理由

  • キャンプ場に電源サイトがある!
  • 子どもが遊べる所がある!
  • ゴーカートミニゴルフがある!
  • 近くに温泉がある!
  • 貸出・販売品あり!

岩屋公園キャンプ場

設備も充実!川遊びが楽しめるキャンプ場!

詳細はこちら!

自然流水プールやウォータースライダーがあり、BBQやキャンプを通年楽しむことが出来ます。

岩屋公園 には全国的にも有名な清水磨崖仏や川辺仏壇の技術を集結して造られた和風カフェ「サクラノヤカタ」もありゆったりとした時間を過ごせます。

春は1000本を超えるな桜を、初夏はホタル、秋は紅葉と、自然を活かしたレジャーを楽しめるキャンプ場です。

キャンプ場名称岩屋公園キャンプ場 
所在地 鹿児島県南九州市川辺町清水3882
電話番号0993-56-5465
定休日年末年始
チェックイン/チェックアウト14:00 / 10:00
ロッジ
料金
【ロッジ小(定員6名)】
1泊 17,800円〜
【ロッジ大(定員10名)】
1泊 25,800円〜
設備テレビ/冷蔵庫/電気炊飯器/食器乾燥機/ガスコンロ
電子レンジ/給湯器/エアコン/扇風機/こたつ(冬季のみ)
ファンヒーター(冬季のみ:各ロッジ2台・1時間100円)
浴槽・シャワー/水洗トイレ(洋式・トイレットペーパー付き)
屋外テラス(照明、屋根、テーブル、イスあり)
アクセス方法・指宿スカイライン「川辺IC」から車で約10分
・川辺やすらぎの郷バス停下車、徒歩約30分
公式サイトhttps://www.iwayacamp.com/

岩屋公園キャンプ場をおすすめする理由

  • BBQサイトがある!
  • ケビンもある!
  • 川遊びができる!
  • 公園に子どもが遊べる所やカフェがある!
  • 近くに温泉がある!
  • 貸出・販売品あり!

霧島温泉旅の湯(旧野々湯温泉)

霧島連山の標高700m付近にある約13万坪の広大な敷地!

詳細はこちら!

「霧島温泉 旅の湯」は、温泉浴場に湯治長屋、ログハウスやプチハウスといったコテージに加え、オートキャンプ場や茅葺屋根のお部屋まで備えた温泉施設となっています。

周囲は山に囲まれ、街の喧騒とは無縁の世界が広がっており、この豊かな土地から、湧き水のように透明に澄んだ摂氏66~70度の湯が自然湧出しています。

傷に良い、胃腸に良いと言われ、道という道も無い頃よりこの湯を求めて多くの方が訪れていたそうです。

キャンプ場名称霧島温泉 旅の湯
所在地鹿児島県霧島市牧園町三体堂1824-41
電話番号0995-55-1313
営業期間年中無休
チェックイン/チェックアウト12:00 / 翌日11:00
ログハウス料金
3名から
(最大の棟で20名迄)
【平日】
二食付…10,500円 朝食付…7,500円 素泊り…6,500円
【休日前】
二食付…11,000円 朝食付…8,000円 素泊り…7,000円
設備エアコン/扇風機(夏季のみ)/こたつ
ガスストーブ(冬季のみ)
備品テレビ/ドライヤー/2ドア冷蔵庫(冷凍庫付き)/電子レンジ
ガスコンロ(2口)/炊飯ジャー/電気ケトル/湯呑/急須/グラス
カップ類/ご飯茶碗/汁碗/平皿/スプーン等食器類/お鍋
フライパン/やかん/包丁/まな板/おたま等各種キッチンツール
お布団
アクセス方法・JR肥薩線霧島温泉駅からタクシーで25分
・九州自動車道栗野ICから県道103号を大霧発電所方面へ15km
公式サイトhttps://nonoyu.daa.jp/

霧島温泉旅の湯キャンプ場をおすすめする理由

  • プチハウスや湯治長屋、茅葺ハウスなど施設も充実!
  • 蒸し釜が楽しめる!
  • 温泉(露天・サウナ付き)がある!
  • 貸出・販売品あり!

鹿児島のロッジやログハウスがあるキャンプ場でゆっくり過ごそう!

ログハウス

ここで紹介させていただいたロッジやログハウスがあるキャンプ場以外にもまだまだたくさんのキャンプ場や、バンガローやコテージがある場所が鹿児島にはあります。

ロッジやログハウスがあるキャンプ場を「場所で選ぶのか」、「料金で選ぶのか」、「利便性で選ぶのか」、「温泉がある所で選ぶのか」、「子どもが遊べる遊具などがある場所で選ぶのか」など目的や趣旨によって変わってくると思います。

今回ご紹介させていただいたロッジやログハウスがあるキャンプ場4選を参考にファミリーキャンプをもっと楽しく過ごして欲しいと思います。

ずんじぃ
ずんじぃ

掲載している内容は、取材当時の情報に基づいておりますので、ご覧の現在、最新の情報ではない可能性もあります。ご利用の際は各キャンプ場にて最新の情報をご確認ください。変更等が御座いましたらこちらまでお知らせいただけますと幸いです。

以上、参考になれば嬉しいです。

  • この記事を書いた人
znjii(ずんじぃ)

znjii(ずんじぃ)

福祉の仕事をしている鹿児島在住の3児の父です。 ファミリーキャンプの魅力や鹿児島のキャンプ場など発信しています。 虫が大の苦手で片付けに時間がかかる💦いつまでたってもドタバタなキャンプをしているので、永久に初心者キャンパーを名乗っていく予定です(笑)

PickUp

鹿児島ファミリーキャンプにおすすめのキャンプ場10選 1

この記事では、キャンプ歴6年の私が実際に行ったキャンプ場の中で、「ファミリーキャンプがしやすかったな~」と思うキャンプ場を厳選して10選にまとめてみましたので、鹿児島のキャンプ場を探している方の参考となれば幸いです。

DODいつかのタープ 2

タープの必要性や私が使っている「DODいつかのタープ」についてご紹介します。DODいつかのタープの張り方についてもまとめてます。タープの購入に迷われている方や、DODいつかのタープが気になっている方の参考となれば幸いです。

無印良品のポリプロピレン頑丈収納ボックスが2台並んでいる 3

屋外でも使用できると大人気の無印良品ポリプロピレン頑丈収納ボックスのふた裏を使って棚やテーブルとして活用できる天板の作成方法をご紹介したいと思います。

-キャンプ場紹介
-, , , ,