MINIMAL WORKS(ミニマルワークス)インディアンハンガーを使ってキャンプサイトをオシャレにスッキリさせよう!

初心者キャンパーのznjii(ずんじぃ)といいます。

2019年にキャンプを始めました。虫が大の苦手、片付け嫌いな初心者キャンパーです。アウトドアには不向きな何の取り柄もない二児の父ですが、鹿児島でファミリーキャンプを楽しんでいます。

ずんじぃ
ずんじぃ

この記事では、私が実際に使用しているミニマルワークスのインディアンハンガーをご紹介します。

大きさも様々で小さくて軽い!組み立て解体も楽にできるミニマルワークスのインディアンハンガーがあれば、ファミリーキャンプをもっと快適にすることができるアイテムだと思います。

調理道具や焚き火道具など、どこに置いて置くか迷われている方や、子どもの濡れた衣類やタオルなどを干したいけど場所がないと困った方、ミニマルワークスのインディアンハンガーが気になっている方の参考になっていただければ幸いです。

MINIMAL WORKS(ミニマルワークス)とは

インディアンハンガー

キャンプ&旅行用品専門会社であるミニマルキャンプ、バックパッキング用品専門ブランドである「ミニマルワークス」は、韓国発のアウトドアブランドで2020年に日本に本格上陸しています。MINIMAL+WORKSの合成語で、シンプルで最適化されたギアでアウトドアを活動するという意味を持っています。

自然と一緒に活動するアウトドアでもっと多くの時間を、ゆったりとリラックスして活用できるようにする為に最小限のギア、簡単な操作方法、コンパクトな体積、軽さなどユーザー目線で改良されています。

インディアンハンガーだけでなくシェルターやナチュラルなウッドテーブルにチェアといったファニチャーも展開しており、個性的なデザインのテントや焚き火台などラインナップも増加しています。

インディアンハンガーのサイズ比較

インディアンハンガー
出典:MINIMALWORKS

インディアンハンガーのサイズは、S・M・L・XLの4サイズとなっています。使用目的や人数などで自分に合ったサイズを選びましょう。

インディアンハンガー
出典:MINIMALWORKS
     サイズ重量
XL使用時 W1010 x H1430mm
収納時 H480 x D80mm
1,080g
L使用時 W990 x H1100mm
収納時 H440 x D80mm
840g
M使用時 W660 x H750mm
収納時 H420 x D60mm
550g
S使用時 W520 x H440mm
収納時 H300 x D40mm
230g
サイズ/重量比較
ずんじぃ
ずんじぃ

ちなみに我が家では、Lサイズを使用しています。ファミリーでは十分な大きさで、主に子供服やランタン、ハンマーなどをかけています。

インディアンハンガーSサイズ

インディアンハンガーMサイズ

インディアンハンガーLサイズ

インディアンハンガーXLサイズ

カモフラージュはM・L・XLの3サイズとなっています。

インディアンハンガーカモ柄
出典:MINIMALWORKS
     サイズ重量
XL使用時 W1010 x H1330mm
収納時 H480 x D80mm
1080g
L使用時 W990 x H1300mm
収納時 H440 x D70mm
840g
M使用時 W660 x H750mm
収納時 H420 x D60mm
550g
サイズ/重量比較

カモフラージュM

インディアンハンガーは製品の保護や収納のため専用のポーチが付属品として含まれています。

インディアンハンガー
出典:MINIMALWORKS

インディアンハンガーは、焚き火用スチールハンガーではないので焚き火の近くには置かないようにしましょう。

インディアンハンガーフック

インディアンハンガーフック
出典:MINIMALWORKS

インディアンハンガーにかけるフックです。(別売りとなっています。)小さくて軽いので収納しやすく、設置や解除が簡単です。

インディアンハンガーの収納袋に一緒に収納することができます。

インディアンハンガーフックは固定型と回転型、2種類の4個1セットとなっています。(インディアンハンガーSサイズのフックはありません。)

       サイズ重量
固定型Mサイズ(ハンガーMサイズ対応)
W32 x H100mm
30g
Lサイズ(ハンガーL,XLサイズ対応)
W32 x H115mm
40g
回転型Lサイズ(ハンガーL,XLサイズ対応)
W45 x H145mm
80g
SPEC

固定式 Mサイズ

固定式 Lサイズ

回転式 Lサイズ

まとめ

インディアンハンガー

アルミニウム製のポールなので、軽量なのはもちろん、収納もコンパクトにできるので持ち運びにも便利です。

組立も簡単で、テント内やサイトの移動も楽にできます。

キャンプにハンガーがあると快適な空間が生まれます。服をかけたり、キャンプギアをぶら下げておくなどサイトでのスペースも有効活用することができると思います。また、ビームスクリーンを掛けて映画を見ることもできちゃいます。キャンプサイトもおしゃれに演出できるコスパ最強のアイテムだと思います。

安定性を求めるなら、ポールサイドの穴にストリングを掛けて固定することができます。

出典:MINIMALWORKS

Mサイズセット

ラバーフット

ミニマルワークスハンガー

ずんじぃ
ずんじぃ

我が家では主にペグ打ちハンマーや斧、ランタンなど掛けることが多いです。子どもたちの服や濡れたタオルなど掛けることもできるので便利です。まだまだこれからのファミリーキャンプに活用していきたいと思います。

ではまたっ!

この記事を書いた人
znjii(ずんじぃ)

虫が大の苦手で片付けがめちゃくちゃ下手くそな鹿児島在住の2児の父。
ファミリーキャンプの魅力や鹿児島のキャンプ場など発信しています。

いつまでたってもドタバタなキャンプをしているので、永久に初心者キャンパーを名乗っていく予定です(笑)

znjii(ずんじぃ)をフォローする
キャンプギア紹介
スポンサーリンク
シェアする
znjii(ずんじぃ)をフォローする
スポンサーリンク
ファミリーキャンプblog

コメント