えびの高原キャンプ村ってどんな所?

えびの高原キャンプ村

初心者キャンパーのznjii(ずんじぃ)といいます。

2019年にキャンプを始めました。虫が大の苦手、片付け嫌いな初心者キャンパーです。アウトドアには不向きな何の取り柄もない二児の父ですが、鹿児島でファミリーキャンプを楽しんでいます。

ずんじぃ
ずんじぃ

この記事では、宮崎県えびの市にある霧島錦江湾国立公園内の韓国岳の麓、標高約1,200mの地点にあるえびの高原キャンプ村をご紹介します。

アカマツとクマザサに囲まれ、夏の暑い日でも、平均気温も低めで過ごしやすいキャンプ場になっているので、快適にファミリーキャンプを楽しむことができる場所だと思います。

施設概要

えびの高原キャンプ村
セントラルロッジ

営業期間

シーズン営業となっています

●4月1日~10月31日 ●12月20日~翌年1月10日 ※期間中は原則、無休で営業しています。

利用時間

ずんじぃ
ずんじぃ

管理棟の営業時間は、午前8時30分から午後5時15分となっています。

チェックイン

午後2時から

チェックアウト

午前10時まで

休憩

午前10時から午後4時まで

テントサイト

えびの高原キャンプ村
ずんじぃ
ずんじぃ

宿泊、日帰り・デイキャンプを楽しむことができます。

Bテントサイト

セントラルロッジの西側に位置するテントサイト。駐車場から近いため、荷物の搬入がしやすいです。サイト内には、キャンプファイヤーサークルもあります。

Cサイト(フリーテントエリア・デッキエリア)

テントエリアと木製デッキエリア。韓国岳を望むことができ、朝の時間に差し込む木漏れ日が心地良いエリアです。直火でも焚き火ができるように石組みのかまどが設置されている箇所もあります。

※テントエリアはすべてフリーサイトです。テント等約50張収容可能です。

※電源付きのテントサイトはありません。携帯電話の充電はセントラルロッジ(外)でできます。

1人用テント1張1泊…840円 ※別途入村料1人…310円
2人以上用テント1張1泊…1,150円
タープ等1張1泊…520円
休憩料金(1人につき)大人(中学生以上)…310円 小学生…220円
料金表(B・Cサイト)

ケビンサイト(Aサイト)

ウッディで温もりのあるケビンは5人用から12人用まであり、キャンプが初心者や家族連れなど、どなたでも安心して利用できます。

5人用ケビン(こしき、えびね、みやま、あかまつ、みづき)

全部で5棟あります。※寝具等はありません。

8人用ケビン(おおはた、しんもえ)

全部で2棟あります。※寝具等はありません。

10人用ケビン(びゃくし、ろっかん)

全部で2棟あります。バリアフリー対応になっています。※トイレ、キッチン、シャワー付き ※寝具等はありません。

12人用ケビン(おおなみ、かっこう、ふどう、きりしま、かいどう)

全部で5棟あります。※寝具等はありません。

5人用ケビン1棟1泊…9,740円(入村料込み)
8人用ケビン1棟1泊…13,310円 (入村料込み)
10人用ケビン1棟1泊…28,300円 (入村料込み)
12人用ケビン1棟1泊…19,910円 (入村料込み)
休憩料金(1人につき)大人(中学生以上)…780円 小学生…550円
料金表(Aサイト)

その他(レンタル品)料金

種類単位料金
毛布(ケビン用)1枚1泊240円
毛布(テント用)1枚1泊190円
こたつ(宿泊)1台1泊1,470円
こたつ(休憩)1台730円
キャンプファイヤー(大)1回9,430円
キャンプファイヤー(中)1回8,590円
キャンプファイヤー(小)1回6,080円
1束250円
3kg500円

シーズン中は、村内に売店を設置し、缶詰類、清涼飲料、調味料、副食類(菓子類)、土産物等(肉・魚・野菜類は販売していません)があります。その他の道具等ついては、経年劣化しているものもあるとのことですので利用についてはお問合わせください。

その他設備

管理棟【管理人が常駐しています。】

営業時間は、午前8時30分から午後5時15分までです。キャンプ村利用受付や売店商品の購入など、セントラルロッジで行っています。

セントラルロッジ

この施設で利用受付を行っています。毛布等のレンタル品もセントラルロッジで受け取ります。※コインランドリー(洗濯機と乾燥機)1台と流し台も設置しています。

温泉

入浴時間は、午後4時頃から午後8時までとなっていますが、時間は利用状況によって変わる場合があります。※近年の源泉の湯温低下によりボイラーで沸かしてあります。そのため、キャンプ村利用人数が少ない場合は利用できなことがあるので利用の際は問い合わせてください。※12月20日から1月10日の期間は運営してません。

炊飯棟

簡易水道やかまどを完備しています。Aケビンサイト1棟、Bテントサイト1棟、Cサイト1棟ずつ設置しています。

トイレ

Aケビンサイト1箇所、Cサイト1箇所、セントラルロッジに1箇所ずつあります。

ずんじぃ
ずんじぃ

キャンプ村の敷地が広いので、ファミリーキャンプだとトイレや炊事場に近い場所で行うことをオススメします。

ゴミステーション

ゴミは案内に従って分別等をしたうえで処理してください。

※すべての利用者が気持ちよく利用できるよう、キャンパーとしてのマナーを守りましょう。

えびの高原キャンプ村の敷地は広くて、どの場所をとっても景観がよく快適です。

夜は星もきれいに見ることができるので、焚き火にあたりながらゆっくりした時間を過ごすことができました。

えびの高原キャンプ村

キャンプ村の敷地は、世界中でえびの高原だけに咲くノカイドウの『自生地』となっており、国の天然記念物に登録されています。

ノカイドウとは?

ノカイドウは、霧島山のみに自生するバラ科の植物です。

自生地とは?

野生生物が自然の状態で生息・生育している場所のことです。

アクセス

えびの高原キャンプ村

えびの高原キャンプ村は、標高が高いので景色も良く夏場でも比較的涼しく過ごすことができる最適なキャンプ場です。近くにえびの高原や温泉など観光施設も充実している場所なので、ぜひファミリーキャンプを楽しんで欲しいと思います。

オートキャンプ場ではないので、車を横付けて荷物を下ろすことができません。場所によっては荷台に積んで山を登らなければいけないので少し大変だと思います。

宮崎県えびの市末永1470

☎ 電話番号(営業期間中:4月1日~10月31日、12月20日~翌1月10日)

0984-33-0800(えびの高原キャンプ村)

☎ 電話番号(休業期間中:11月1日~12月19日、1月11日~3月31日)

0984-35-1114(えびの市観光商工課)

アクセス方法
  • 九州自動車道えびのICから県道30号で、えびの高原へ進み現地へ
  • えびのICから約20km

近くの温泉情報

白鳥温泉上湯(しらとりおんせんうえゆ)

内風呂、展望露天風呂、蒸し風呂の3種類を楽しむことができる単純酸性泉の温泉です。

ずんじぃ
ずんじぃ

西郷隆盛が3ヶ月滞在したことでも知られています。

営業時間7:00 〜 20:00
定休日毎月第1火曜
入浴料大人(中学生以上)310円 小学生210円
駐車場あり

宮崎県えびの市末永1470

☎ 電話番号

0984-33-1104

アクセス方法
  • 九州自動車道「えびのIC」より車で約25分
  • 国道268号線・県道30号線を通り、白鳥神社を目指すと「白鳥温泉上湯」の看板が設置されています。

白鳥温泉下湯(しらとりおんせんしたゆ)

自然の中に遊び心を取り入れた魅力満載の温泉です。

ずんじぃ
ずんじぃ

大浴場は広々しており、庭園風露天風呂もついているのでゆっくりすることができました。貸切風呂もあります。

営業時間大浴場:午前7時から午後8時
貸切風呂:午前9時から午後8時
客室:ケビン 午前11時から午後3時 休憩施設 午前9時から午後5時
料金大浴場:大人(中学生以上)1人につき 310円
    小学生1人につき 220円
貸切風呂:一般浴 1室60分 1,520円(延長30分毎 750円)
     福祉・介護浴 1室90分 1,520円(延長30分毎 500円)
温泉の特徴天然温泉、露天風呂、貸切風呂、源泉かけ流し、日帰り温泉
泉質単純温泉・単純泉
設備レストラン、お食事、休憩所
駐車場60台

宮崎県えびの市末永1470

☎ 電話番号

0984-33-3611

アクセス方法
  • 九州自動車道えびのICから県道30号線をえびの高原方面へ約20分
  • 白鳥温泉下湯は、えびの高原から県道30号線を市街地に向けて下る途中、白鳥温泉上湯より少し下ったところにあります。

周辺の観光情報

えびの高原

ハイキングや登山をしながら美しい自然を満喫できるエリアです。えびの高原は、九州南部に連なる霧島山の韓国岳、蝦野岳、白鳥山、甑岳に囲まれた盆地状の高原です。

ずんじぃ
ずんじぃ

帰りに大浪池を見に登山しました。景色もいいので、ぜひ帰りに寄ってみてくださいね。

大浪池
大浪池

えびのエコミュージアムセンター

えびのエコミュージアムセンター|霧島錦江湾国立公園、霧島ジオパークのビジターセンター
宮崎県えびの市に位置する霧島錦江湾国立公園・霧島ジオパークの拠点 えびのエコミュージアムセンター。センター情報は勿論のこと、新燃岳などの火山情報や、霧島連山の登山情報など、様々な情報を掲載しています。

霧島錦江湾国立公園、霧島ジオパークのビジターセンターとして、霧島山の韓国岳の中腹、標高約1200mのえびの高原にあります。

霧島山の自然や歴史、登山情報についてパネル、映像、標本などで紹介しています。

宮崎県えびの市末永1495-5

☎ 電話番号

0984-33-3002

アクセス方法
  • えびのICより車で約40分
  • 小林ICより車で約45分
  • 霧島神宮駅よりバスで丸尾まで約30分、丸尾からえびの高原まで約30分

生駒高原

花の駅生駒高原
生駒高原のオフィシャルサイト|宮崎の花の名所フラワーパーク|秋のコスモス祭り、春のポピー祭り、南九州最大級のドッグフェスなどイベント多数開催、花の開花情報、営業案内などの公式情報を掲載。秋は100万本のコスモス、春は25万本のポピーと35万本の菜の花に埋め尽くされる自然豊かな高原です。

霧島山の麓に広がる広大な高原です。秋には色とりどりのコスモスを楽しむことができます。

宮崎県小林市大字南西方8565

☎ 電話番号

0984-27-2192

アクセス方法
  • JR小林駅より宮交バスで約45分、「生駒高原」バス停下車すぐ
  • 小林ICより、県道1号線をえびの高原方向へ車で約3分
この記事を書いた人
znjii(ずんじぃ)

虫が大の苦手で片付けがめちゃくちゃ下手くそな鹿児島在住の2児の父。
ファミリーキャンプの魅力や鹿児島のキャンプ場など発信しています。

いつまでたってもドタバタなキャンプをしているので、永久に初心者キャンパーを名乗っていく予定です(笑)

znjii(ずんじぃ)をフォローする
キャンプ場紹介
スポンサーリンク
シェアする
znjii(ずんじぃ)をフォローする
スポンサーリンク
ファミリーキャンプblog

コメント