SOTO(ソト)レギュレーターストーブ

SOTO レギュラーストーブ オレゴニアンキャンパーヘキサポッド

初心者キャンパーのznjii(ずんじぃ)といいます。

2019年にキャンプを始めました。虫が大の苦手、片付け嫌いな初心者キャンパーです。アウトドアには不向きな何の取り柄もない二児の父ですが、鹿児島でファミリーキャンプを楽しんでいます。

突然ですが、キャンプで調理をする時はやお湯を沸かしたり、焼き物を作る時など皆さんはどうされていますか?コンロや焚火台、バーナーを使っているなどいろいろあると思いますが、キャンプやアウトドアにおいて、サッとお湯を沸かしたい時や、何かもう一品料理が欲しい時にあともう一台バーナーがあれば…ということはないですか?

そんな時に役に立つのが、ワンバーナーだと思います。

ずんじぃ
ずんじぃ

この記事では、私が実際使用しているSOTOのレギュレーターストーブをご紹介したいと思います。バーナー選びに迷われている方や、SOTOのレギュレーターストーブが気になっている方の参考になっていただければ幸いです。

コンパクトな一体型

ポッドとバーナー

sotoレギュラーストーブは、コンパクトに収納でき、350gの軽さと持ち運びも楽なので、キャンプやアウトドア、登山などに最適のバーナーです。強い火力を引き出してくるので、風にも左右されることがありません。

●低温時に強い!外気の冷えによるボンベの冷却に影響されることなく常に高出力を発揮します。

●連続した調理に強い!火力低下がなく、長時間高出力を実現しています。

●直径19cmまでの大なべ使用ができる大きなゴトクで、数人分の調理も楽にできます。

サイズ

外形寸法:幅170×奥行150×高さ110(使用時・本体のみ)

付属品

収納ポーチ

組み立て&点火方法

ずんじぃ
ずんじぃ

レギュレーターストーブの組み立てから点火までをチェックしておきましょう。

1.バーナー部のセット

①遮熱板をボンベホルダーの上まで回転させます。

②4本のゴトクを開き、ロックされる位置まで均等に広げ固定します。4本のゴトクがロックされていることを確認します。

ずんじぃ
ずんじぃ

4本のゴトクがロックされていることを必ず確認してくださいね。

2.容器(ボンベ)の取り付け

①器具栓つまみをOFF(右)の方向に回らなくなるまで回し、完全に閉じていることを確認します。

②ボンベホルダーのガイド(凸部)が所定の位置(左側に止まるまで回した位置)にあることを確認します。容器(ボンベ)の切り込み部をガイド(凸部)に合わせ矢印方向に押し付けます。

③ガイド(凸部)と容器(ボンベ)の切り込み部を右方向に止まる位置まで約60度回します。ガイド(凸部)真上を向いた位置が取り付け完了の位置です。

ずんじぃ
ずんじぃ

ガス漏れに注意してください。容器(ボンベ)取り付け後、容器(ボンベ)にガタつきがないか、「シュー」というガス漏れの音やガスの臭気がないかを確認してくださいね。

3.点火

器具栓つまみを「ON」(左)の方向に回し(約1.5〜2回転回すとガスが出はじめます。気温等の自然条件により回転数が変動する場合があります。)点火スイッチを「カチッ」というまで押し点火を確認します。

点火しない時は、点火スイッチを続けて数回押します。ガスの勢いが強すぎたり、気温、風、湿度等の自然条件により点火がうまくいかない場合があります。このような時はマッチ、ライター等で点火します。

ずんじぃ
ずんじぃ

生ガスに注意してください。気化していない霧状の白いガスが出た時は、点火せず一度器具栓つまみを閉じ、もう一度点火してくださいね。

4.火力の調節

火力の調節は、器具栓つまみで炎を確認しながら行います。

ずんじぃ
ずんじぃ

燃焼中にコンロを持ち運んだり、動かしたりすると、生ガスが発生し炎が大きく立ち上がり火傷や火災の危険があるので、燃焼中は動かさないように気をつけましょうね。

5.消化

器具栓つまみを「OFF」(右)の方向に回らなくなるまで回し、消化を確認します。

ずんじぃ
ずんじぃ

やけどに注意してください。燃焼中や消化直後は、ゴトク全体が高温になっていますので絶対にさわらないようにして下さいね。

6.容器(ボンベ)の取り外し

容器(ボンベ)を左方向へ止まるまで約60度回し、取り付け時と逆方向に引き容器(ボンベ)を取り外します。

ずんじぃ
ずんじぃ

容器(ボンベ)を付けたまま保管すると、落下や衝撃などでガスが出たり発火するおそれがあるので必ず容器(ボンベ)は取り外して保管しましょう。

7.収納

バーナー部が完全に冷めてからセット時と逆の手順で4本のゴトクを閉じ、収納ポーチに収納します。

オプション

SOTOスイッチ補助具
点火アシストレバー

●外形寸法直径150×奥行55mm ●重量:77g

アシストグリップ

●外形寸法直径8×長さ90mm(1本) ●重量:2g(1本)

ソト レギュレーターストーブ専用アシストセット

●レギュレーターストーブを使いやすくアシストする3点セット。1. 収納しやすい丸型のアシストポーチ 2.点火アシストレバー 3.アシストグリップ ●外形寸法直径150×奥行55mm ●重量:77g

ソト レギュレーターストーブ用ウインドスクリーン

●サイズ:幅165×奥行15×高さ95mm ●重量:23g×2枚 ●材質:ステンレス

ソト レギュレーターストーブ対応グリルプレート(遮熱板付き)

●サイズ:本体/200×170×15mm、焼面/130×130mm ●重量:1.1kg ●厚さ:4.5mm

ソト レギュレーターストーブ専用溶岩石プレート

●サイズ:14×14×2cm ●重量:1kg ●材質:国内産溶岩石

主な燃料の種類

専用ボンベを使用する製品が多い中、ガスの汎用性が高いのが、sotoレギュレーターストーブです。

ずんじぃ
ずんじぃ

ファミリーキャンプで手軽に扱える火器の燃料は、おもにホワイトガソリンOD缶(丸いガスカートリッジ)CB缶(カセットガスカートリッジ)の3種あります。

万一のガス漏れなど使用時のトラブルを防ぐためにも、各燃料はメーカー純正のものを使用しましょう。

別売品(soto製品専用容器(ボンベ))

●sotoパワーガス105トリプルミックス

●sotoレギュラーガスST-7001(3本パック)

●sotoレギュラーガスST-700

●sotoパワーガスST-760

使い切った燃料の処理

ガスは燃料を使い切ることが基本です。カートリッジ内にガスが溜まっていないか振って確認しましょう。

ずんじぃ
ずんじぃ

処理の方法は、ガス缶に穴を開けるそのまま捨てるなど自治体によって処理法が異なるので、確認して処理しましょうね。

まとめ

ポッドとバーナー

ひと口にバーナーといっても、ツーバーナーのCB缶タイプやOD缶タイプがあったり、ワンバーナーでも一体型と分離型があったりとバーナー選びにも苦労しますね^^;

ずんじぃ
ずんじぃ

私自身、イワタニのガスコンロ(タフまる)でファミリーキャンプをしていましたが、火口が一台しかないので、もう一台欲しいと思い、sotoのレギュレーターストーブを購入しました。購入したきっかけは、見た目とリーズナブルな料金価格です。比較的安くで、見た目もいいので重宝しています。

バーナーの使用は、キャンプではもちろんのこと、防災の時などにも役に立つと思います。バーナーを駆使して素敵なアウトドアライフを楽しみましょう♪

ではまたっ!

この記事を書いた人
znjii(ずんじぃ)

虫が大の苦手で片付けがめちゃくちゃ下手くそな鹿児島在住の2児の父。
ファミリーキャンプの魅力や鹿児島のキャンプ場など発信しています。

いつまでたってもドタバタなキャンプをしているので、永久に初心者キャンパーを名乗っていく予定です(笑)

znjii(ずんじぃ)をフォローする
キャンプギア紹介
スポンサーリンク
シェアする
znjii(ずんじぃ)をフォローする
スポンサーリンク
ファミリーキャンプblog

コメント